Main Menu

チェルシー・K・アンダーソン(Chelsea K. Anderson

企業合併・買収、証券法、コーポレート・ファイナンス、及び会社法・商業法一般についての法的アドバイスを提供しています。

スタンレー・H. ベアー (Stanley H. Barer)

当法律事務所のオフカウンセルとして、国際貿易、国際海事関連に関して他の所属弁護士をサポートしています。

ラリー・J. ブラント (Larry J. Brant)

米国法人税及び国際税務問題を中心とする米国連邦税法の弁護士です。

ノーマン・J・ブランズ(Norman J. Bruns

州及び地方自治体レベルでの税法を主に扱っております。特にワシントン州、オレゴン州、アイダホ州の不動産税関連、また不動産鑑定に関する争いなどは豊富な経験を持っております。

シーモア・H・バコルズ(Seymour H. Bucholz

会社法の弁護士として長い経験を持っております。また、近年は会社に対する政府規制に関連する法律アドバイス、特にブローカー・ディーラーからの案件を多く扱っております。

グレッグ・ダフ(Greg Duff

当法律事務所の所長、及びホスピタリティ(接客業)グループの長として、接客・旅行業に関する様々な法律アドバイスを行っています。

リチャード・D. グラック (Richard D. Gluck)

米国の運輸局、連邦海事委員会、税関、議会、その他の連邦政府機関に関連する輸送関連の規制問題につき、国際海運会社、流通事業者、荷主、荷主協会に対し法律業務を提供しています。

ポール・S. ホフ (Paul S. Hoff)

外国政府、外国企業、米国企業に対し、国際貿易法、輸出規制法、国際漁業規制協定に関する助言を行っています。

バーバラ・L.・ホーランド (Barbara L. Holland)

米国連邦・州・地方政府の法律について、及び第三者による請求などにして、日本の船舶所有主や運輸業者にアドバイスを提供しています。

スーザン・A・キム(Susan A. Kim

不動産法及びビジネス法弁護士として商業不動産業界、ホスピタリティ、テクノロジー、小売業、非営利団体など、多くの分野にての法律アドバイスを扱っています。

ブルース A. マクダーモット (Bruce A. McDermott)

日本会社のアメリカでの訴訟を扱った経験があります。主に知的財産権や商業法に基づいた訴訟を扱っています。

レオペン(Leo C. Peng彭介之

企業及び個人に対し、移民法のアドバイスを提供しています。また、中国でのビジネス展開をするアメリカ企業またはアメリカに進出する中国企業の法的サポートにも経験があります。当事務所の北京事務所長でもあります。

チャールズ・C.・ロビンソン (Charles C. Robinson)

漁業、製造業、金融業に携わる日本会社の連邦破産事件裁判所での訴訟やその他のアメリカの法廷における訴訟を取り扱った経験があります。主に債権者の権利請求を中心としておりますが、その他不動産、証券化手続きなども扱っております。

サラ・P. サンフォード (Sara P. Sandford)

会社法及び商取引を中心とする弁護士です。外国企業、特に日本企業の米国内における事業について頻繁に法律業務を提供しています。

マシュー・R. シュナイダー (Matthew R. Schneider)

米国議会調査や立法運動など、主に政府関連の業務提供を主とし、様々な分野で行政・執行・立法・司法に関する手続きについてのアドバイスを提供しています。

鈴木あかね (Akane R. Suzuki)

遺言書作成、トラスト作成、プロベート及びその他相続手続き、連邦相続税・贈与税のアドバイス、事業継承計画等、個人の財産や税法に関する問題を主に取り扱っております。

ゲーリー・P・トーバー(Gary P. Tober

米国又は外国企業及び個人へのビジネス、取引、国際税務関連のアドバイスを提供して35年以上になります。

スコット・G. ワーナー (Scott G. Warner)

米国、アジアのハイテク企業その他の新規企業に対し、電子商取引、対インター ネット国際規制、知的財産権の保護を中心とした法律業務を提供しています。

デービット・R. ウエスト (David R. West)

主に海事法と訴訟法を主に取り扱っておりますが、国際的な大きな商業訴訟にも豊な経験を持っております。当事務所のシアトル事務所長でもあります。

ロバート・C・ウィーバー、Jr.Robert C. Weaver, Jr.

複雑なビジネスや税務訴訟、独占禁止法を含む刑法訴訟などを扱って40年以上の経験を持つ弁護士です。

Back to Page