Main Menu

ガービー・シューバート・ベアー法律事務所は、環太平洋地域のビジネス、貿易に関連した広範囲な活動に従事しておられるクライアントに法律業務を提供しています。下記に例を挙げます。

江間忠ホールディングス

アメリカでの不動産事業展開にまつわるアドバイスを提供しています。

中国海運(グループ)公司(COSCO Shipping

COSCO Shippingは中国の国営海運会社です。当法律事務所は米国における顧問弁護士を務めています。
 
ナショナル・バンク・オブ・カナダ、香港銀行カナダ、東海銀行、オリエント・リース(株)

当法律事務所は、複数の金融機関に広範囲な法律代理業務を提供しています。対米不動産投資、環太平洋地域における多国間貿易および事業プロジェクトへの融資などを含みます。

大日本水産会

15年以上に渡り、米国政府との係わりにおける日本の漁業界の法律代理業務を行っています。日本の主要業界協会の代理人として米国の当局、議会、連邦裁判所などに出頭、出廷しました。

スティムソン・レーン・リミテッド(サン・ミッシェル・ビントナーズ)

上記2社およびその他の会社に対し、環太平洋地域への製品販売に関連した法的問題の法律代理業務を提供しています。

ケンウッドJVC及び子会社

会社の買収及び、経営について米国法のアドバイスを提供しております。

マルハ(株)、宝幸水産(株)

上記2社、その他の日本の水産会社、米国の子会社に対し、米国漁業への投資、米国産の魚の買い付けに関連した法律代理業務を提供しました。
 
米国阪和興業(株)

米国産の水産食品、丸太、その他の製品の買い付けに関連して法律代理業務を提供しました。

日本国際農業審議会

農産品、丸太、木製品の日米貿易に影響を与える米国行政府、議会の方針、条約の変更に関し、ワシントンD.C.事務所が助言を行っています。

日本鮪漁業協同組合連合会、日本トロール底魚協会

米国の貿易や漁業に関する法律についてこれらの団体に助言しました。

カナダ大使館、オンタリオとマニトバ州政府

米国議会における酸性雨その他の環境問題の審議および結果についてワシントンD.C.事務所が助言を行っています。

アメリカン・プレジデント・ラインズ、マエスク・ラインズ

特に外国船舶修理に関連した問題について、米国税関に対する法律代理業務を提供しました。

イン・フォーカス・システムズ株式会社

日米間の技術移転、日本での合弁事業、子会社設立に関し、上記2社およびその他の会社の法律代理業務を提供しました。

藤原運輸(株)、米国子会社フジワラ・アメリカ、大東港運、米国子会社ジェネラル・インターナショナル・フレイト・フォワダーズ

米国大平洋岸北西部での事業設立を援助しました。

Back to Page